'97セカンドステージ・データ分析速報


まず最初は、各チームの「勝ち点勝率」と「指数(ゴール数/失点数)」から


このグラフでは、棒グラフが「勝ち点勝率」、折れ線グラフが「指数」です。

勝ち点勝率ですが、勝ち数だけを比べた場合「勝ちの内容」まで言及することができないため、(全てのゲームを90分以内で勝った場合の)最高勝ち点数と実際の勝ち点数を比較することにしました。また指数ですが、この、総ゴール数を総失点数で割った数字は、基本的には「得失点差」と同じ性格のものですが、それでも試合数が多くなれば、単純な得失点差ではあらわしにくい「得点/失点のバランス」から、そのチームの傾向がつかみやすくなります。

例えば、同じ試合数で「A」チームが150ゴールを挙げ、100失点したとします。それに対し「B」チームは100ゴールに50失点。この両チームの「得失点差」はともに「+50点」ということになります。ただ、それを指数であらわすと、「A」チームの「1.5」に対し、「B」チームは「2.0」。このことで、「B」チームの方が、攻守のバランスの良いチームだということが一目瞭然。つまり、得失点差が、単なる「数字の差」のみを表すのに対し、「指数」は「攻守のバランス」を表現できるということです。それに「一試合平均ゴール・失点」を合わせれば、より詳細で正確な分析ができるというわけです。「得失点差」は「成績」を決めるための「数字」。それに対し、ゲーム内容の分析に必要なのが「ゴール/失点・指数」というわけです。

グラフを見てすぐ分かるのは、セカンドステージでのジュビロの強さです。彼らの勝ち点勝率、指数はともにダントツ。それは、素晴らしい「内容」での優勝だったことを物語っています。この指数は、攻撃と守備のバランスを示しますからネ。彼らは、非常に攻守のバランスのとれたサッカーを展開したということです。彼らがセカンドステージで負けたのは、カシマでのアントラーズ戦、ホームでのグランパス戦だけ。また勝った試合でも、ホームでのガンバ戦以外は(Vゴール勝ち)すべて90分以内の勝利です。

逆に、四位になったアントラーズですが、二位のガンバ、三位のマリノスよりもかなり高い指数を残しています。それにしては、順位が伴っていない、ということになりますが、それは、彼らの「五敗」のうち、四試合までが「1点差」負けという惜しい試合だったからです。逆に勝った試合では、大勝が目立ちます。また二位のガンバ、三位のマリノスでは、勝った試合では「大勝」が少なく「Vゴール勝ち」も比較的多く、逆に「大敗」が比較的多いのがその原因です。あまり、安定した戦いができていなかったということです。

安定した闘い・・それが、アントラーズ、ジュビロのキャッチフレーズだったといっても過言ではありません。アントラーズの場合、セカンドステージでは守備の重鎮4人を代表チームに送り出し、そのために確かにファーストステージと比べれば「一試合の平均失点数」は増えてしまいましたが、その分「ゴール数」を増やしてつじつまを合わせたのですから、その底力がうかがえます。ナビスコカップ決勝、グランドチャンピオンシップともに、この両チームの顔合わせになったことも、「安定した戦い」の証明だとすることができそうです。

つぎには「一試合平均ゴール数」と「一試合平均失点数」を比較してみましょう。


「一試合平均ゴール数」&「一試合平均失点数」比較


このグラフでは、棒グラフの青が「ゴール数」、赤が「失点数」です。

ここでは、「結果」としての、ゴールと失点を比較します。「結果としての」といったのは、例えばゴール数ですが、それは「シュートを打った結果」だからです。失点も同様、相手に打たれた被シュートの結果だということです。もちろん、この「一試合平均ゴール数」「一試合平均失点数」によって、各チームの「最終順位」が「ほぼ」決まってくるわけですが、それらは、各チームの「攻撃力」「守備力」を直接的にあらわす数字ではないということです。攻撃力、守備力を直接的にあらわすのは、それぞれ「シュート数とシュート決定率」、また「被シュート数(相手に何本シュートを打たれたか)と被シュート決定率(そのうち何本決められたか)」なのです。

さてグラフを見てみましょう。左から「最終順位」にもとづいて各チームを並べました。ここで目立つのは、なんといってもジュビロの失点の少なさ、そして四位になったアントラーズのゴールの多さです。ジュビロの失点の少なさですが、その最も大きな要因は、全員の「守備意識」が素晴らしかったということです。選手一人一人が、「相手にボールを奪われた瞬間」から、「ボールを奪い返すために」アクティブにディフェンスにはいっていたのです。このことは、確実に「被シュート数」の少なさによると思われます(下の「被シュート数ランキングを参照)。つまり、ゴールを守るのではなく、「ボールを奪い返しにいく」という積極的な守備の姿勢が、「相手にシュートさせない」という結果につながったということです。ジュビロのセカンドステージ優勝の最も大きな要因が「高い守備意識」にあったことに異論をはさむ方はいないに違いありません。桑原監督代行(Sライセンスを持っていなかったことで便宜的な肩書きになった)の、優れた「意識付け能力」が証明されたということでしょう。

それにしても、「元王者」ヴェルディーの凋落ぶりが目立ってしまう結果ではあります。その凋落の直接の原因が(確かにゴールも少ないのですが・・)「失点の多さ」であることは一目瞭然ですよね。

それでは、いよいよ、各チームの「攻撃力」、「守備力」をはかる基準である、「シュート数・決定率」、「被シュート数・被決定率」の比較にはいりましょう。


「シュート数&シュート決定率」比較


ここでは、棒グラフが「シュート数」、折れ線グラフが「シュート決定率」です。

攻撃の目的は「シュートを打つこと」。前述したとおり、「ゴール」は、そのシュートをしっかりと「決めた」結果にしか過ぎません。つまり「シュート数」と「決定率」が、各チームの攻撃力のシンボルというわけです。

ここでも、グラフのチーム順は「最終成績」に準じます。さていかがですか。セカンドステージでも最高の攻撃力を見せたのは、四位のアントラーズでした。優勝したジュビロですが、確かにシュート数は七位と低いですが、その分、決定率(三位)でかせぎ、ゴール数ランキングでも三位につけています。それにしてもガンバの決定率は、非常に高いですね。シュート数の少なさを決定率でカバーしているという意味では、ジュビロ以上、まさにダントツです。その原因は、もう語る必要もない「エムボマ」です。彼は、シュートしたらほとんど決めてしまうという印象が残るほどの凄さでした。またマリノスの決定率も目立っています。それも、元スペイン代表、フリオ・サリナスによるところが大きいに違いありません(これについては、後に、ゴールゲッター分析で詳しく見てみましょう)。シュート数は、基本的にチームワークの成果であり、逆に「決定率」は、どちらかといえば「個人能力」に負う部分が大きいということでしょうか。

またここでも、ヴェルディーの「シュート・クリエイト力」の低さが目を引いてしまいます。攻撃がシュートで終わらなければ、どちらにしてもゴールを決めることなどできません。六位になった決定率がある程度カバーしてはいますが、このシュート数の低さが彼らの「攻撃力」の凋落を象徴していることだけは確かなようです。逆に、シュート数で二位になったベルマーレ。彼らの攻撃力は定評のあるところですが、いかんせん「決定率」が12位では「総合的な攻撃力」が低いとせざるを得ません。積極的なシュートトライ・・というものと「ヤミクモ・シュート」というのは基本的に違います。もちろん、どれが「積極シュート」で、どれが「ヤミクモ・シュート」かという議論になった場合には、「数字の分析」以上の「内容分析」が必要になってきますので、それについては、別の紙面で議論することにしましょう。


「被シュート数&被シュート決定率」比較


ここでも、棒グラフが「被シュート数」、折れ線グラフが「被シュート決定率」です。ただしここでは、被シュート数、被決定率ですから、「数字の少ない方」が優れているということになります。少し分かりにくかったですかネ。

守備の目的は「相手からボールを奪い返すこと」。「ゴールを守ること」は、結果にしかすぎないのです。相手にシュートさせない、つまり、相手がシュートまでいかないうちに「ボールを奪い返してしまう」ということですが、それを代表するのが「被シュート数」、そして相手にシュートを打たれてしまうような危機的状況における、ゴールキーパーを含めた最終守備ラインの「最終守備力」を代表する数字が「被決定率」ということなります。つまり、「被シュート数」と「被決定率」が、各チームの守備力のシンボルというわけです。

とにかく、セカンドステージ優勝のジュビロの「被シュート数」はダントツです。彼らの、中盤もふくめたアクティブ守備の結果だということなのですが、「一人の例外もない」積極守備は、積極攻撃にむすびつきますし、必ず成績もついてくるものなのです。ジュビロの場合、被シュート数だけではなく、被決定率も「10%」以下と、優れた数字を残しています。それが、一試合平均失点数での「ダントツ」のトップの背景にあるというわけです。

総合守備力で次に目立つのがエスパルス。確かに被シュート数では三位ですが、被決定率ではトップです。その背景には、安定したゴールキーパー、真田の頑張りだけではなく、リベロの森岡など、エスパルス最終守備ラインの、優れた「危機状況での対応能力」もありました。(この部分、一部修正をしました。前の記事をお読みの方にはご迷惑をおかけしました。ゴメンナサイ!)ちなみに、被決定率の「歴代記録」もエスパルスがもっています。それは「J」元年の1993年、ニコスシリーズで打ち立てた「5.0%」というもの。その記録は、試合数の増加、各チームのチカラの拮抗を考えれば、将来にわたっても確実に破られないに違いありません。当時のゴールキーパーは、クモと異名をとったシジマールでした。

また、総合順位で二位になったガンバですが、その被シュート数の多さが目立っています。守備力に問題があったということなのですが、それを「被決定率」である程度カバーしています。もし被シュート数が少なかったら、確実に優勝戦線のトップにいたに違いありません。

今回は「速報」ということで、分析も限られたものになってしまいました。今後は、もっと突っ込んだ分析をどんどんと掲載していく予定です。ご期待あれ・・・。



[トップページ ] [湯浅健二です。 ] [トピックス(New)]
[Jワンポイント ] [Jデータ分析 ] [海外情報 ]